太陽光発電とそのメリット

太陽光発電で、コストを抑えて停電のリスクを軽減、昼間の電力使用ピーク時にこそ、ソーラーシステムを活用したい

変わりつつある太陽光発電メイン画像

太陽光発電とそのメリット

太陽光発電は、太陽の光線を利用する発電方式です。

サステナビリティといって、再生可能で継続可能なエネルギーに注目が集まっています。

電源を分離して、いざという時の停電のリスクを半減させたり、発送電分離で、太陽光を利用した電力を販売しようという動きが出てきています。

太陽光発電は、設備にかかるコストを最初に負担してしまえば、運転そのものにコストがかからないだけでなく、保守管理に関するコストもほとんどかかりません。

国や地方自治体が補助金制度を提供しているため、回収は10年以内で可能になるというのが、一般的な意見です。

節電を徹底して、もう少し効率良く回収ができた場合には、8年程度で回収可能になるケースもあるといわれています。


※効率のよい発電システムを選ぶなら、太陽光発電比較探検隊をチェックしてみてください。

昼間の需要が大きい時間帯のメリットが大きいのも特徴です。

一般家庭では、太陽光パネルを屋根の上に設置して蓄電することが多く、住宅メーカーが採用するケースも増えています。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索